水回りトラブルの原因

家庭の中では、さまざまなトラブルが発生しやすく、そのたびにどこの業者に依頼すればいいのか悩みますよね。とくに多いのが、水回りのトラブルです。台所の水道管が破裂した、排水溝から水が漏れてくる、お風呂場のシャワーから水がでてこないなど、ひとつトラブルが発生すると立て続けにおかしくなることが非常に多いです。

その中でも、トイレの水漏れや詰まりで悩まされることが多いとおもいます。なぜ、トイレはよく詰まるのでしょう。その原因について確認しておきましょう。トイレには、流してもいいものと、絶対に流してはいけないものがあります。流してはいけないものなど常識的に考えてもわかるとおもいますが、トイレに何も書いていないから流してしまったなどということを平気で言われる方もいますので念のため、どのようなものを流してはいけないか具体的に書いてみましょう。

まずは、紙ナプキンや紙オムツです。両方とも吸収性ポリマーが採用されている商品ですので、水分を多く吸収することが仕事です。赤ちゃんのオムツでパンパンになっているのを見たことがありますか?吸水性ポリマーが赤ちゃんのおしっこをいっぱい吸っている状態です。その状態のオムツをトイレに流すことができますか?絶対に流れませんよね?これ以外にもペンなどの固形物も原因のひとつです。またティッシュペーパーは水に溶けにくいので、トイレットペーパーの代わりに使うのは止めましょう。トイレのつまりは、自分たちでルールを守れば未然に防げるものばかりですので気をつけなければなりませんね。